経費精算システム

Home » 商品・ソリューション » 経費精算システム

ここを見れば一目瞭然!

経費精算システムまるわかり!

ここを見れば一目瞭然!

経費精算システムまるわかり!


操作が難しいんじゃないの?


結局どの経費精算システムがいいの?


経費精算システムって何ができるの?

今月も申請された経費の内容の確認が大変…

従業員の申請のミスへの差し戻しや対応、ストレスですよね

会計ソフトへの手入力も大変だし、ミスがあってないけないし…

それにより作業時間や工数がかかりますよね…

仕分け作業が面倒…

経費精算まだシステム化しないの!?

上のお悩み、システムの導入で一気に解決。

上のお悩み、システムの導入で一気に解決。

情報の透明性がアップ
クラウドシステムなどではリアルタイムな情報を確認することが可能になりタグ付けなどで検索が行えるため情報の透明化と連携がスムーズになります。
安全性がアップ
権限機能があるものが殆どです。

閲覧・操作制限により情報を守ることができます。承認機能により仕訳の登録さえも承認したものだけに制限することなども可能です。

圧倒的な業務の効率化
自動仕分や自動入力、振込データの自動作成などによる作業コストの削減はもちろん、業務の属人化を防ぐことが可能です。

さらに外部システムとの連携により連携作業をなくすことが可能になります。

さらに経費精算は インボイス制度・電子帳簿保存法に大きく関連します!

さらに経費精算は インボイス制度・電子帳簿保存法に大きく関連します!

インボイスとは? 制度要点カンタンまとめ

インボイスとは、売り手が買い手に対して、適用税率や消費税額等を正確に伝えるものです。

言い換えれば売り手が買い手に「適用税率や消費税額等を正確に伝え伝えられない」と「仕入税額控除が行えない」ことになります。

インボイスとは? 制度要点カンタンまとめ

インボイスとは、売り手が買い手に対して、適用税率や消費税額等を正確に伝えるものです。

言い換えれば売り手が買い手に「適用税率や消費税額等を正確に伝え伝えられない」と「仕入税額控除が行えない」ことになります。

売り手側(請求書発行側)
買い手側(請求書受領側)
つまりほとんどの企業が関わっているんです!

  セレクト提案  

製品一例

セレクト提案

楽楽精算
自由度の高いレイアウトや承認フローのカスタマイズなど、使い勝手抜群の国内累計導入社数No1※クラウド型経費精算システム!

 

※デロイト トーマツ ミック経済研究所
「電帳法対応進むクラウド型経費精算システム市場の実態と展望」
(ミックITリポート2021年6月号: https://mic-r.co.jp/micit/)より
マネーフォワード経費
企業規模によるそれぞれの悩みを解決!

仕訳の取込み・基幹システムとの連携など!

eKeihi
直感的に扱いやすい!

会計システムとの連携のしやすさや低コストでの導入にも!

TOKIUM経費
精度99.9%の領収書の自動入力

2ステップで経費申請が完了など今までとは異なる経費精算システム!

IT Worldではお客様のご要望を追求し

最も合うシステムを徹底比較して提案いたします

さらに!!

IT Worldではお客様のご要望を追求し最も合うシステムを徹底比較して提案いたします

さらに!!

IT導入補助金2022の活用で導入可能です!

IT導入補助金2022では「インボイスへの対応」がキーワードに

通常枠よりも補助率の高いデジタル化基盤導入類型では、経費精算・会計・受発注・ECサイトシステムの導入に最大3/4の補助

IT Worldでは昨年度も多くの採択を支援してきた実績があります!

経費精算システム+その他のシステムも合わせてご検討いただけます!

導入・運用のコンサルティング料金も補助の対象です!

  IT Worldでの導入・運用イメージ  

IT Worldでの導入・運用イメージ

提案から運用、サポートまで充実!

IT Worldの導入・設定代行で煩雑な初期設定や不安な操作面もおまかせ!

稼働後もいつでも安心サポートにメールやお電話でご相談いただけます!