IT Worldが考える有休を取得しやすい環境の整備

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » IT Worldが考える有休を取得しやすい環境の整備
IT Worldの考える有休を取得しやすい環境の整備

コロナ時代の働き方改革は、有休を取得しやすい環境作りを追求する事が必要です

有休を取得しやすい環境の整備に必要な4つのポイント

 

マニュアルの整備による属人化の解消
属人化のデメリット

①代理化が行い辛くその人が長期休暇となると生産性が大きく低下する。

②業務品質の判断が難しく上司でも評価が困難となる。

③周りからその業務の指摘を受けることができなく間違いに気づけない事とその業務の改善が行われなく生産性が低下する。(改善する文化の逆を行く)

④不正が起きやすい。

ジョブローテーション

同じ業務を別の担当者でも行えるよう、マニュアルを整備し普段からジョブ単位で仕事をローテーションする事が重要です。短期的には生産性が低下しますが、中長期的には生産性が向上します。

規則の見直し(有給取得単位)

時間単位の有給取得を可とする事を強くお勧めします。手集計では煩雑で運用が難しかった有給時間単位の管理は勤怠システムを導入すれば容易です。しかしこのような規則のみを修正しても有給取得率の向上や従業員の働き安さ、従業員の満足度は向上しません。

弊社 就業規則見直しのご提案の詳細はこちら

上司による声掛け

勤怠管理システムを導入する事で上司は部下の労働状況がリアルタイムで把握できるようになります。また上司がシステムからアラートを受け取り、残業の量、遅刻早退の変化、有給の取得状況も把握可能です。これをもとに上司が部下に有給取得を促すコミュニケーションを行う事で部下は有給を取得しやすくなります。

弊社は勤怠管理システムを導入するお客様に対し、管理者向け研修会の開催を提供し、単にシステムの操作方法の説明のみではなく、システムをどう活用しどうマネジメントいただくかを合わせお客様の働きやすい環境作りを支援します。

 

 

勤怠管理システムについて詳しく知る

セレクト提案

次に読む 

お客様のご要望をヒアリングさせていただき、 ご要望に対し数ある勤怠管理システムを事例を交えて比較提案をさせていただきます。


就業規則見直しコンサルティング

次に読む 

システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。


勤怠システム設定代行

次に読む 

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、 ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

導入後の独自保守サポート

次に読む 

運用における操作性の疑問点やご不明点あるいは急なトラブルにも お電話やメールにてお問合せいただけます。