勤怠管理システムを未導入のお客様へ

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » 勤怠管理システムを未導入のお客様へ

今一度ご確認いただきたい2つのポイント

01 法律に則した勤怠管理ができていますか?

  1. 残業代の1分単位支給

     10分や30分単位で切り捨てせず1分単位で残業を支給。

  2. 時間単位有休の導入

     有給の取得しやすい環境づくり。

  3. 代休運用の見直し

     代休は休日出勤に対し会社の都合上、
      手当を支給しない従業員にとっては不利益な制度と一般的には解釈されます。
      以下の運用をおすすめします。

    1. 代休or手当支給を選択できる仕組み

    2. 代休期限を1か月以内で運用(または同一賃金期間以内)

    3. 管理者による代休取得の推進

    4. 期限を超えた代休を給与支給

勤怠管理システムを導入して
従業員が働きやすい勤怠運用を実現しましょう!

02 勤怠管理システムを入れないことで何が起こるか?

世の中の常識になりつつある勤怠管理システムを
入れないことで起こる負の連鎖


従業員は会社に不信感を覚える



優秀な人材が辞めていく



日々変化する世の中に会社が対応できない

会社を守るためにも勤怠管理システムの導入を!

勤怠管理システムについて詳しく知る

セレクト提案

次に読む 

お客様のご要望をヒアリングさせていただき、 ご要望に対し数ある勤怠管理システムを事例を交えて比較提案をさせていただきます。


就業規則見直しコンサルティング

次に読む 

システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。


勤怠システム設定代行

次に読む 

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、 ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

導入後の独自保守サポート

次に読む 

運用における操作性の疑問点やご不明点あるいは急なトラブルにも お電話やメールにてお問合せいただけます。

おすすめページはこちら

生産性向上のためのITツール導入は、 IT Worldにお任せください_IT導入補助金2021は、 最大450万円の補助金を受け取る事が可能です
勤怠管理システムをご検討中のお客様へ
IT導入補助金2021Webセミナー開催中