セレクト提案 – 勤怠管理システムの導入で選ばれる理由

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » セレクト提案 – 勤怠管理システムの導入で選ばれる理由

ご提案ステップ

  1. お客様のご要望をヒアリング
  2. 弊社にてご要望をリスト化
  3. ご要望に対しセレクト提案

お客様メリット

自社のご要望が整理され、最適な勤怠システムの選定が可能

勤怠管理システム一覧

Touch on Time(タッチオンタイム)
メーカー:デジジャパン
特徴 j利用者190万人のシェアNo1クラウド型勤怠管理システム。シフト申請、打刻、時間集計、有休管理、給与ソフトへの転送が可能。高性能低コストのタイムレコーダーが大人気。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:クラウド
  • 工数管理:可能
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 月:300円/1名
※毎月の利用打刻人数×300円の請求となります。
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

jinjer勤怠(ジンジャー)
メーカー:株式会社ネオキャリア
特徴 jinjer(ジンジャー)シリーズは人事データベースを中心とし、給与計算、人事情報管理、勤怠管理、労務管理、コンディション管理を統合管理が可能。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:クラウド
  • 工数管理:
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 月:300円/1名
※年間一括契約(請求)となります。
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

マネーフォワードクラウド勤怠(MF勤怠)
メーカー:マネーフォワード
特徴 マネーフォアードシリーズの勤怠管理。勤怠管理における勤怠打刻と従業員による申請とWeb給与明細の配信や経費精算を同一のプラットフォームで運用可能。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:クラウド
  • 工数管理:
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 1名~5名まではビジネスプラン内で利用が可能:59,760円/年
6名以上分:300円/1名
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

OBC就業奉行シリーズ
メーカー:株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)
特徴 奉行シリーズでおなじみのOBCが提供する勤怠管理システム。Web給与明細や年末調整の電子化と統合利用が可能。高度な集計が可能であるが初期設定の範囲が広くお客様による立ち上げ難易度は高い。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:オンプレミス+一部クラウド(申請機能)
  • 工数管理:
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 月:350円/1名
※年間一括契約(請求)となります。
※勤怠管理者2名以上の場合は別途管理者ライセンスが必要です
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

クロノス勤怠
メーカー:クロノス株式会社
特徴 30年以上歴史のある勤怠管理システム。PCA子会社でありPCAとシームレス連携可能。高度な集計が可能であるが初期設定の範囲が広くお客様による立ち上げ難易度は高い。自社開発のタイムレコーダーは弁当予約が可能など高機能。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:オンプレミスorクラウド
  • 工数管理:
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 価格はオンプレミスorクラウドで変動
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

ジョブカン勤怠管理
メーカー:株式会社DONUTS
特徴 ジョブカンシリーズの勤怠管理。給与計算、勤怠管理、労務管理、経費精算を統合管理が可能。

メーカー公式サイトはこちら
機能比較
  • 利用形態:クラウド
  • 工数管理:(オプション)
  • 自社タイムレコーダー有無:
  • 電話サポート:
価格 月:200~500円/1名
出勤管理・シフト管理・休暇申請管理・工数管理から1つ選択で
200円。2つ選択で300円。3つ選択で400円。4つ選択で500円
トライアル まずは簡単無料申し込み!

トライアルを申し込む(無料)

勤怠管理システムの「選定前」にお勧めしている事

就業規則の見直しを検討する

就業規則の見直しをお勧めする理由
  • システム導入による集計と管理利便性の向上
勤怠管理システムが無かった時の就業規則は、時間や休暇の集計や運用は、自力集計を前提とした規則であったはずです。システムを導入する事で自動集計や休暇管理等、システムで自動化が可能な範囲は広く、従業員が働きやすい環境づくりにおいて就業規則の見直しをお勧めします。

弊社就業規則見直しの詳細ページはこちら

  • 法令順守に対する従業員の意識の変化
    • web媒体とSNSの大幅な普及により従業員は法令を知る機会が大きく増加し、同時に自分の会社が法令に違反している事を認識します。これにより従業員のモチベーションが低下し業務生産性の低下を招きます。また離職率の増加による採用コストが増加します。

選定項目の優先順位を決定する

選定で「お勧めする」優先順位の「高い」項目
  • 必要とする集計を可能とする事
  • 必要とする打刻手段を可能とする事
  • 従業員の操作性・利便性
  • 日常使用する「その他システム」との複合的利便性
  • 長期コスト

選定で「お勧めしない」優先順位の「低い」項目
  • 利用中の給与計算システムとの連携
どの勤怠管理システムも基本的に給与計算システム問わず勤怠データの連携が可能な設計で開発されています。また月にかかる連携作業の工数は限定的であり優先順位が低いです。します。
  • 総務担当者の操作性・利便性
  • 勤怠管理システムは従業員全員が利用するシステムであり、会社全体の生産性への影響は従業員操作性・利便性の方が高く本項目の優先順位は低いです。

弊社では独自の勤怠システムサービスを展開

弊社独自サービス
勤怠管理システム「就業規則見直しコンサルティング」
特徴 システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。

勤怠関連の規則は従業員のエンゲージメントに影響する事項です。残業の端数処理や有休を取得できる単位等の見直しを規則面とシステム面を複合し支援いたします。

本ツールの詳細ページはこちら 
弊社独自サービス
勤怠管理システム「弊社独自保守サポート」
特徴 システム導入後の運用における操作の疑問点や運用の相談、急なトラブルの際にお電話とメールにてお問合せいただけます。

設定を担当したスタッフが引き続きサポートを行いますので、貴社の運用や設定内容を把握した上でご質問への回答が可能でありシステム運用の生産性が向上を支援します。

本ツールの詳細ページはこちら 
弊社独自サービス
勤怠管理システム「勤怠システム設定代行」
特徴 勤怠管理システムの導入時には勤務実態に適した様々な設定が必要であり、この設定がうまくいかないと、勤怠管理の工数削減どころか、逆に工数が増加してしまうことも多々あります。

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

本ツールの詳細ページはこちら 
弊社独自サービス
勤怠管理システム「従業員/管理者向け説明会」
特徴 システム導入における大きな課題の一つである従業員への周知を弊社にて行います。システムを熟知したスタッフにて事前にヒアリングを行い、お客様の運用にあわせた内容で説明会を行います。

本ツールの詳細ページはこちら 
弊社独自サービス
勤怠管理システム「マニュアル作成代行」
特徴 お客様ごと個別にマニュアルを作成致します。精度の高いマニュアルがあれば各業務を属人化する事なく業務の平準化が可能です。

また社内のジョブローテーションや社外へアウトソーシングも可能となり生産性向上を実現します。

本ツールの詳細ページはこちら 
弊社独自サービス
勤怠管理システム「勤怠管理の運用まるごと代行」
特徴 勤怠管理の運用はシステムへの従業員マスター登録、各種エラー対応、有給付与の確定、システム設定の修正、従業員からの質問対応、打刻端末のイレジュラー対応、管理者へ承認催促、勤怠締め処理等多岐にわたり多くの工数がかかります。

これら運用をまるごとアウトソーシングいただく事が可能です。

本ツールの詳細ページはこちら 
セレクト提案

現在のページ

初めから読む 

就業規則見直しコンサルティング

次に読む 

システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。

勤怠システム設定代行

次に読む 

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、 ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

導入後の独自保守サポート

次に読む 

運用における操作性の疑問点やご不明点あるいは急なトラブルにも お電話やメールにてお問合せいただけます。