働き方改革がもたらす「管理会計」への影響

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » 働き方改革がもたらす「管理会計」への影響

働き方改革がもたらす「管理会計」への影響

代表的な管理会計の種類


部門別

- 損益 -


予算実績

- 管理 -


原価計算

- 管理 -


損益分岐点

- 分析 -

損益分岐点 分析

売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高を指す。

世界に認められた指標

限界利益

売上高から変動費を引いたもの。限界利益を売上高で割ったものを限界利益率 といい、売上が1単位増えることで増える利益のこと。

固定費:
生産量の変化に関わりなく発生する費用

変動費:
生産量とともに変化する費用
所定 残業
正社員 固定費 変動費
派遣・パート 変動費 変動費

生産量の変化なし 働き方改革運用実施 有給取得率0%→50%

生産量の変化なし 働き方改革運用実施 有給取得率0%→50%

下記 残業=変動費の方程式が成り立たない 損益分岐点に影響する

所定 残業
正社員 固定費 変動費
派遣・パート 変動費 変動費

勤怠管理において残業を固定費と変動費に分類し集計する必要がある

 

所定 残業
正社員 固定費 変動費
派遣・パート 変動費 変動費


勤怠管理において残業を固定費と変動費に分類し集計する必要がある

勤怠管理システムで出来ること

勤怠管理システムで残業を分類して集計する

クラウドサービス(DBソフト)で残業を分類して集計する

残業時間 (変動費・固定費) を管理会計へ転記するフロー

 

勤怠で実績時間を集計→給与で金額化→管理会計へ転記(会社負担雇用保険料等も変動費・固定費に分解)

残業の給与明細への印時は項目を1つに集約し、管理側で内訳を持つが理想

勤怠で実績時間を集計→管理会計へ概算転記

→給与で金額化→管理会計で実績転記

勤務予定から管理会計へ概算計上

→勤怠で実績時間を集計→給与で金額化→管理会計で実績転記

セレクト提案

次に読む 

お客様のご要望をヒアリングさせていただき、 ご要望に対し数ある勤怠管理システムを事例を交えて比較提案をさせていただきます。


就業規則見直しコンサルティング

次に読む 

システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。


勤怠システム設定代行

次に読む 

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、 ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

導入後の独自保守サポート

次に読む 

運用における操作性の疑問点やご不明点あるいは急なトラブルにも お電話やメールにてお問合せいただけます。