有休取得率と必要労働生産性について

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » 有休取得率と必要労働生産性について

有休取得率と必要労働生産性について

月所定労働時間 160
年所定労働時間 1920
時給 ¥2,000
従業員 100

年単位の有休取得率と必要労働生産性対比

現状
有休取得率向上後
仕事量 100%
100%
有休取得日数 0 1 3 5 7 9 11 13
有休取得時間 0 8 24 40 56 72 88 104
労働時間 1920 1912 1896 1880 1864 1848 1832 1816
必要労働生産性 100% 100.418% 101.266% 102.128% 103.004% 103.896% 104.803% 105.727%
生産性向上が実現できない場合の追加残業コスト(1人) 0 20,000 60,000 100,000 140,000 180,000 220,000 260,000
生産性向上が実現できない場合の追加残業コスト(全社) 0 2,000,000 6,000,000 10,000,000 14,000,000 18,000,000 22,000,000 26,000,000

月単位の有休取得率と必要労働生産性対比

現状
有休取得率向上後
仕事量 100%
100%
有休取得日数 0 1 2 3 4 5 6 7
有休取得時間 0 8 16 24 32 40 48 56
労働時間 160 152 144 136 128 120 112 104
必要労働生産性 100% 105.263% 111.111% 117.647% 125.000% 133.333% 142.857% 153.846%

週単位の有休取得率と必要労働生産性対比

現状
有休取得率向上後
仕事量 100%
100%
有休取得日数 0 1 2 3
有休取得時間 0 8 16 24
労働時間 40 32 24 16
必要労働生産性 100% 125.000% 166.667% 250.000%
セレクト提案

次に読む 

お客様のご要望をヒアリングさせていただき、 ご要望に対し数ある勤怠管理システムを事例を交えて比較提案をさせていただきます。


就業規則見直しコンサルティング

次に読む 

システムを導入するタイミングで就業規則(勤怠関連の規則)の見直しを強く推奨しております。


勤怠システム設定代行

次に読む 

弊社は初期の段階で専任の担当者をご用意し、 ヒアリングを重ねお客様ごとに最適な運用設定の代行が可能です。

導入後の独自保守サポート

次に読む 

運用における操作性の疑問点やご不明点あるいは急なトラブルにも お電話やメールにてお問合せいただけます。