1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)の導入

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » 1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)の導入

 

従業員が働きやすい環境整備の推進において、1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)の導入は非常に有効です。
IT Worldは1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)の導入し推奨します。

 

1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)は図の通り出勤時刻を変更する運用です

 

 

特に以下のような従業員へ有効です

・介護を行う従業員
・育児を行う従業員
・出産前の従業員
・配偶者が出産を控える男性従業員
・配偶者が出産後の男性従業員


1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)のメリット

・エンゲージメント向上、生産性向上、離職率低下、利益拡大
・国からの助成金受給が可能


1日単位のフレックスタイム制度(時差出勤)を導入するために必要な事

・時差出勤を想定した業務フローの見直しと構築 詳細はこちら
・業務一覧(タスク)の見える化とタスク消化の見える化 詳細はこちら
・漏れを防止するためのアラートやリカバリー運用 詳細はこちら
・報告連絡相談、確認、共有などのコミュニケーションがスムーズに行える業務基盤の構築 詳細はこちら

 

・勤怠管理システムで時差出勤の申請承認、正確な時間管理を行える仕組みの構築 詳細はこちら

 

 

 


 

情報満載!弊社IT導入補助金 総合サイトはこちら

 

IT導入補助金2021Webセミナー開催中