製造業向け生産管理システム rBOM

個別受注生産 製造業向け生産管理システム
引合管理、見積、受注管理、債権管理機能を備えた販売管理システムと、『製番管理』『統合部品表』による生産管理システムを併せ持った、製販一体型のパッケージ

rBOM|製造業向け生産管理システム

rBOM|製造業向け生産管理システム

rBOM(アールボム)とは、個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を支援する生産管理システムです。引合管理、見積、受注管理、債権管理機能を備えた販売管理システムと、『製番管理』『統合部品表』による生産管理システムを併せ持った、製販一体型のパッケージとなっています。

長年にわたり個別受注生産をサポートしてきたノウハウ・知識・テクノロジーを結集したrBOMを導入することにより、モノづくりに関わるすべての情報をリアルタイムに共有・可視化。弊社が適切な生産管理と経営の課題解決をサポートいたします。また、パッケージの標準導入だけでなく、お客様のご要望に合わせて業務コンサルティングを行わせていただき、カスタマイズすることも可能です。オプションやテンプレート、連携ソリューションを豊富に取り揃えておりますので、業務の課題解決に幅広く対応。本稼働まで、弊社がしっかりとサポートいたします。

3つの特長

rBOMには、以下のような3つの特長があります。

特長1

 リアルタイム統合BOM

受注ごとに製品仕様が異なる個別受注業務に特化。国内統合BOM導入実績ナンバーワンを誇ります。

特長2

 設計~保守まで、幅広い業務機能

設計からの五月雨出図や設計変更が多く発生する業種に最適なパッケージです。PDM、ERPなど個々のパッケージは導入不要なため、コスト削減が実現できます。

特長3

 リアルタイムな情報共有

部門間での連携をスムーズに行い、手配、原価進捗などリアルタイムな情報共有により、受注から出荷までの情報を見える化。リードタイムの短縮、入力ミスの削減を実現します。

商品ラインナップ

rBOMシリーズは、長年、生産管理業務をサポートしてきたノウハウ、知識、テクノロジーを結集したパッケージです。生産スタイル、適用業務などにより4製品をラインナップしているほか、オプションやテンプレート、連携ソリューションを豊富に取りそろえ、業務の課題解決に幅広く対応できます。

個別受注生産向け

 

rBOM V2

 

充実した機能と多彩なテンプレートを提供し、お客様の仕様に合わせたシステムを構築できる生産管理システムです。
大企業から中堅・中小企業のお客様まで、幅広く対応できます。

 

低コストで導入可能

 

rBOM GP

 

優れた操作性で業務効率向上を実現。短期かつ低コストでの導入が可能なため、中小企業のお客様に最適です。
テンプレートを提供し、お客様の仕様に合わせたシステムを構築できる生産管理システムです。大企業から中堅・中小企業のお客様まで、幅広く対応できます。

量産型生産にも対応

 

Production Master

 

量産型生産を行うお客様に最適な生産管理システムです。多言語・他通貨に対応しているため、海外工場を持つお客様にも適しています。

多言語・他通貨対応

 

rBOM Globe

 

rBOMの基本機能に加えて多言語・他通貨に対応した生産管理システムです。日本に本社があり、海外拠点で生産をしているお客様向けです。

 

Application Library

 

rBOMシリーズと組み合わせることで、さらなる効果が生まれる連携ツール群を多数用意しています。

4つの導入効果

rBOMを導入することで、以下のような導入効果を得られます。

効果1

一気通貫

経営判断やモノづくりの迅速化に貢献します。

効果2

一元管理

必要な情報を正確・確実に取り出せます。

効果3

モジュール化

再利用性を上げることで、QCD向上に貢献します。

効果4

リアルタイム化

旬な情報を最大限活用できます。

基幹業務を強力にサポートする機能を搭載

案件、見積、受注管理、債権管理機能を備えた販売管理モジュールと、『リアルタイム統合部品表』を中核とした発注管理、債務管理、在庫管理、原価管理、予算管理機能を実装した生産管理モジュールにより基幹業務を強力にサポートします。そのほか、オプションやテンプレート、推奨ソリューションを豊富に取りそろえています。

一つの部品表を基にして、全業務で最適な運用が可能

統合的にデータを管理し、利用目的ごとのビューで必要な情報を提供いたします。また、各ビュー操作で変更したデータはリアルタイムに反映されます。

業務別導入効果

rBOMを導入することで、製造業における各部門(経営・企画層、営業部門、設計部門、資材部門、製造部門)に大きな効果が現れます。

経営・企画層

経営方針をじっくり考察できる環境へと転換できます。


売上と原価を正しく捉えられず、本当の儲けが見えない

  • 日々の手配処理により原価をリアルタイムに自動積算し、どんぶり勘定から脱却
  • 開発~サービスまで、製品ライフサイクルにおける総合的な収支を把握
  • 理由別に原価を把握し、次回以降の原価改善意識を向上

》原価分析と利益率向上

 

状況がリアルタイムに見えず、経営判断が遅くなる

  • 営業の案件数や確度を見える化し、数字達成に向けた適切な指示を支援
  • 売買における収支の予実を見える化し、資金繰り計画の立案を支援
  • 製品群や得意先ごとに売上実績を分析し、売れ筋商品の開発・販売を強化

》全社情報のリアルタイム把握

 

問題やリスクを未然に発見して対処できない

  • スケジュールをビジュアルに見ることで、全体を俯瞰し直感的に問題点を把握
  • 在庫年齢表により、在庫の回転状況を確認し不良在庫への気付きと対処に貢献
  • 営業と工場、それぞれにおける予定原価オーバーのリスクを予測し、コスト改善を実行

》警告情報の見せる化


営業部門

お客様だけでなく社内の各部門に対しても待たせない営業への転換を果たします。


見積原価の根拠が曖昧

  • リピート品は、過去見積実績の参照により、適正な販売価格と原価額の決定を支援
  • 新規製作品は、過去類似製品の原価実績参照により、見積原価精度の向上に貢献
  • 原価シミュレーション機能により、製品/ユニット/部品など任意レベルでの原価企画を支援

》見積精度の向上と適正利益の確保

 

事務作業の負荷が大きく、本来の営業活動ができない

  • 過去見積の複写機能により、見積作成工数を削減
  • データ検索/抽出/Excel出力機能により、業務報告資料の作成工数を削減
  • 部品受注時に、納品時の部品構成を参照し、適正な部品を容易に検索可能

》有効な活動時間の創出

 

「販売」と「生産」の情報が乖離しており、案件進捗が見えない

  • 引合情報の共有により、営業活動の見える化と機会損失を削減
  • 生産状況の見える化により、受注案件毎の工程進捗を把握可能
  • プロジェクト進捗の見える化により、生産予測や新規受注時の納期予測が可能

》顧客信頼度の向上


設計部門

関連資料や過去の構成をさくさくと流用できるようになります。


設計業務が属人的になっている

  • マスタ登録を必須としない部品表により、柔軟にモジュール化を支援
  • 利用頻度の高いユニットやアセンブリを見つけ、人の判断による穏やかなマスタ化に対応
  • 設計部品表の流用によりベテラン設計者のノウハウを継承可能

》設計標準化の実現

 

非効率的な設計業務

  • 設計部品表の流用機能により、設計工数を削減
  • 設計変更時の手配進捗参照により、進行作業への影響判断と的確な対応、指示が可能
  • 部品表履歴参照により、メンテナンスや部品受注時のスピーディな情報検索を実現

》設計工数の削減

 

間接作業の工数が大きく、設計業務に支障がでている

  • 統合部品表の利用により、図面/部品表出力などの事務作業の効率化が可能
  • 統合データベースにより、関連図書の一元化/ペーパーレス化/保管スペースの削減を促進
  • 豊富な検索機能により、部品や関連図書の検索工数を削減

》業務効率の向上


資材部門

価格交渉がはかどる環境を構築できます。


煩雑な単純作業を恒常的に繰り返す毎日

  • 製番まとめ手配機能により、発注の一括処理を実現
  • 納期確認、納入状況など、必要情報はシステムが自動的に見える化
  • 「うっかりミス」を警告機能で予防。今すべきことを一覧表示

》業務効率の改善・向上

 

情報が整理整頓されていないため、必要な情報がみつからない

  • 手配進捗や在庫数を俯瞰表示。必要な情報は、自身ですぐに取出し可能
  • 過去の発注受入単価、納期、図面など、必要情報を即座に取り出し、利用可能
  • 調達手段(購買/加工)の選択と、その手順の設定は、マスタや過去の実績を参照しワンタッチで登録可能

》発注単価や納期の管理精度の向上

 

情報共有ができていないため、他部門の状況がわからない

  • 社内/社外の負荷状況を把握することで、内外比率の改善に貢献
  • 設計変更情報を迅速に伝達し共有することで、原価、納期への影響を最小化
  • クレーム情報や製造不具合情報を正確に設計部門へ伝達し共有することで、競争力のある商品開発を支援

》情報一元化・共有 QCD改善


製造部門

手戻りと進捗会議の削減により生産性が向上します。


煩雑な部品管理

  • 戻入処理/在庫管理機能による過剰在庫の低減、転用促進
  • 製番発注/受入、棚番管理により、迷子部品の発生を抑止
  • 部品の納入状況を容易に把握。 組立順序の入替えを前倒しで実施可能

》部品管理精度の向上

 

部門内情報が共有、見える化されていない

  • 製造実績の共有と見える化により、進捗や納期問合せへの対応工数を削減
  • 現品票による工程進捗の共有と見える化で、同期の取れたモノづくりを支援
  • 警告機能による問題の早期開示と共有で、解決に向けた全社での取組みを前倒し可能

》部門業務の効率化

 

他部門の状況が把握できず、ムリやムダが発生する

  • 受注から納品までの大日程を共有し、作業を同期化することで、恒常的に発生していた納期遅延を抑制
  • 設計変更情報、変更図面の早期入手により、原価、納期への影響を最小化
  • 手配品の受入状態を自身で確認可能。 効率的な加工と組立日程の立案を支援

》情報一元化・共有 QCD改善