変形労働時間制のデメリット

Home » 商品・ソリューション » 勤怠管理の導入で選ばれる理由 » 変形労働時間制のデメリット

 

変形労働時間制の運用例

年間 所定労働時間:2,080時間(2,085時間以内)
・1月(冬季休暇)
 所定労働日数:18日
 所定労働時間:144時間
・5月(ゴールデンウイーク)
 所定労働日数:18日
 所定労働時間:144時間
・8月(夏季休暇)
 所定労働日数:17日
 所定労働時間:136時間
・残りの月
 所定労働日数:23日
 所定労働時間:184時間(1,656時間)
 土曜・祝出勤:9カ月合計 27日

 

 

変形労働時間制のデメリット

・モチベーション エンゲージメント低下
  ・生産性低下 →人件費増加
  ・離職率増加 →採用コスト増加
・社員の高齢化
・新規採用コスト増加
・疲労による
  ・ミス増加(損失)
  ・人件費の増加
  ・ワークバイタルの低下

 

短期的な改善策

・土曜出勤に対し手当を支給する(先行投資)

 

中長期的な改善策

・業務改善による生産性向上
・マニュアル化を進め1つの仕事を複数人が対応可能とする。
・繁忙期は部署間で人員の配置展開を行う(マニュアル化必須)
・繁忙期は外部へ業務委託を検討する(マニュアル化必須)
・閑散期に行う仕事を創造する

IT Worldがお勧めする その他就業ルール見直しポイントはこちら


その他 おすすめページ

生産性向上のためのITツール導入は、 IT Worldにお任せください_IT導入補助金2021は、 最大450万円の補助金を受け取る事が可能です
勤怠管理システムをご検討中のお客様へ
IT導入補助金2021Webセミナー開催中