交通費・経費精算システム「楽楽精算」

Home » 商品・ソリューション » 経費精算管理 » 交通費・経費精算システム「楽楽精算」
交通費・経費精算システム「楽楽精算」
経費・交通費・出張費・旅費・交際費など、 お金にかかわる全ての処理を 一元管理できる クラウド型の交通費・経費精算システムです。
交通費・経費精算システム「楽楽精算」は、交通費、出張費、旅費、交際費などの経費精算業務における「申請⇒承認⇒精算」という一連のワークフローを全て電子化し、業務効率の改善や人的ミスの防止を実現します。

自動仕訳機能に会計ソフト連携、振込データの作成など、経費精算業務のみでなく、経理担当者の業務を大幅に効率化する機能を取り揃えています。

交通費・経費精算のこんな悩みを解決します

一般社員(申請者)の悩み

交通費の申請に時間がかかり面倒

交通費申請の際は、期間中に利用した経路を思い出し、金額を調べて、紙やExcelのフォーマットに手入力をして…と工程がたくさん。時間も手間もかかり、ミスも起こりやすい方法です。

交通系ICカードをピッとするだけで申請完了!

交通系ICカード読取機能を使えば、リーダーにピッとかざして履歴を読み取り、申請データとして利用できます。また、「乗換案内」が内蔵されているので、運賃も自動計算、定期区間の自動控除もでき交通費申請にかかる時間が激減します。

経費精算のために帰社するのが面倒

経費精算が溜まっているから帰社しなきゃ……。経費精算のためにわざわざ会社に戻るのはとても面倒なもの。
また、溜めてしまった領収書内容の入力もわずらわしく、根気がいるものです。

スマホで領収書をパシャ!経費精算が1分で完了!

領収書読み取り機能(OCR)により、外出先でも領収書をパシャッと撮影して経費精算ができます。領収書内の文字を認識して、金額、取引先や受領日が自動入力されるため入力の手間も大幅に削減。また、最新のAI機能を用いたOCRなので、データの増加にともない継続的に読み取り精度の向上を図れます。

管理職(承認者)の悩み

交通費申請のチェックが大変

交通費申請のチェックでは、定期区間は控除されているか、一番安い経路で申請されているか等、確認作業が山積み。交通費精算に限らずとも、適正な申請がされているか、全て確認するのは難しく、時間も大幅に取られてしまいます。

 規定違反の申請は自動エラーに!チェックが楽に!

領収書読み取り機能(OCR)により、外出先でも領収書をパシャッと撮影して経費精算ができます。領収書内の文字を認識して、金額、取引先や受領日が自動入力されるため入力の手間も大幅に削減。また、最新のAI機能を用いたOCRなので、データの増加にともない継続的に読み取り精度の向上を図れます。

経理担当者の悩み

会計ソフトへの手入力が大変

会計ソフトへ入力する為に、集計作業や仕訳作業に多くの時間を取られてしまう。さらにそれを会計ソフトへ手入力するのはとても面倒で、経理担当者の負担は大きいものです。

 仕訳や会計ソフトへの入力がゼロに!

「楽楽精算」はほとんどの会計ソフトとの連携が可能です。また、申請時に自動で勘定科目や税区分の仕訳がされるよう設定ができるため、経理担当者に大きな業務負担となる、集計・仕訳・会計ソフトへの入力の作業が大幅に削減され、経理業務の効率化を実現できます。

取引先や社員への振込作業が大変

社員一人一人への交通費の支払いや、取引先への支払いなど、数多くの振込み作業を行うのは時間がかかり大変です。

「楽楽精算」がFBデータを作成!振込みの
手間が激減

「楽楽精算」が承認された経費精算データからFBデータ(全銀協フォーマット対応)を作成してくれるので、面倒な振込み作業をする必要がなくなります。

小口現金の負担が大きい

小口現金からの精算が多い企業では、日々の業務が出金管理、残高確認、現金出納帳の管理に圧迫されがちに。ミスも起こりやすく効率化が難しい業務です。

 運用方法に合わせて小口現金を効率化

「楽楽精算」なら、支払いを小口現金から振込に統一する、小口現金は残したままで申請・承認のみ「楽楽精算」でIT化するなど、ご要望や状況に合わせた運用が可能です。

経営者の悩み

経費精算の業務コストは289万円!

経費精算業務にかかる年間コストは、従業員100名の会社では289万円との試算も(※)。申請作業や、申請内容のチェックにかかる時間を削減して、コスト削減をはかりませんか?
※ラクスによる試算

年間63%のコスト削減が可能に!

「楽楽精算」を導入すると、経費申請やチェックにかかる業務時間が大幅短縮され、経費精算業務にかかっていたコストが大幅に削減されます。システムにかかるコストを踏まえても、年間63%ものコスト削減ができる可能性も。

交通費・経費精算システム「楽楽精算」が選ばれる4つの理由

交通費・経費精算システム「楽楽精算」は、従業員が10人の中小企業から、1000人を超えるような大企業まで、様々なお客様にご利用いただいております。
ご導入企業様が「なぜ、「楽楽精算」を選んだのか」についてご紹介します。

操作が簡単で使いやすい

ご利用企業様からのご意見、ご要望を基にブラッシュアップを重ね、細部にまで行きとどいた豊富な機能と、誰でも直接的に使える操作性を両立させました。

さらに現在も年に数回のバージョンアップを重ね、機能の追加や使いやすさの向上に努めてます。

コスト削減効果

交通費・経費精算システム「楽楽精算」は、経費精算業務を効率化する機能を多く有してます。
経費精算に関わる全従業員の業務時間が短縮され、さらに経費精算業務が電子化によりペーパーレス化されることにより、
業務コストと資源コストが削減されます。

従業員100名と1000名の企業それぞれが交通費・経費精算システム「楽楽精算」を導入した場合の年間の経費精算業務のコスト削減試算です。業務コストが削減され、システムコストにかかる費用を合わせても、高いコスト削減効果が実現されます。

従業員100名の企業の場合
従業員1000名の企業の場合

迅速・丁寧なサポート対応

「楽楽精算」専任のサポートスタッフがサポートするので、安心してご導入・ご利用いただけます。ご導入企業様に実施したアンケートでも、サポート満足度94%を達成しました。お取引企業様のべ53,600社の当社だからこそできる、万全のサポート体制です。

安心のセキュリティ

サーバーは抜群の防災性能を誇る国内屈指のデータセンターに設置され、2重化されたファイヤウォールに守られています。暗号化通信、IPアドレスによるアクセス制限などセキュリティ機能も充実しています。
また、「楽楽精算」を提供する(株)ラクスは、プライバシーマークを取得しております。

SSL暗号化通信

脆弱性診断の定期実施

24時間365日の監視体制

国内屈指のデータセンターでの
サーバ管理体制

災害時に備えた
代替機器の保有

データは
毎日バックアップ

交通費・経費精算システム「楽楽精算」の機能一覧

交通費・経費精算システム「楽楽精算」は、経費精算業務を効率化させる機能を豊富に搭載しています。
詳しい機能のご紹介や実際の画面を使ったデモもご覧いただけますので、こちらのページからお気軽にお問い合わせくださいませ。

経費精算

ここがメリット!
  • 領収書読み取り機能で経費精算が楽楽に
  • 承認フローも自由に設定可能
経費精算における一連のワークフロー(承認フロー)を全て電子化することで、業務効率の改善や、人的ミスの防止を実現させることができます。
交通費精算

ここがメリット!
  • 交通系ICカード取込みで申請が楽楽に
  • 定期区間が自動控除されるからチェックも楽楽に
従来の交通費を1つ1つチェックする作業が軽減され、一般社員の申請も、経理担当者のチェック作業も大幅に効率化されます。
旅費・出張精算

ここがメリット!
  • 日当や宿泊手当の自動計算で旅費精算が楽楽に
  • 「仮払金」申請にも対応
出張にかかる費用・手当の申請、精算にも対応しています。役職や距離に合わせて手当を自動計算したり、申請に使用したデータを用いて出張後に楽に精算ができたり、旅費・出張精算作業をミスなく、大幅に省力化することができます。
支払依頼

ここがメリット!
  • プロジェクト等での費用按分にも対応
  • 定額支払マスタ管理も可能
取引先からの請求書に対する支払いも「楽楽精算」で申請・承認フローを管理できます。取引の多い会社はマスタ登録しておけば依頼の度に振込先などの情報を入力する必要もありません。
交際費清算

ここがメリット!
  • 金額に応じて会議費と交際費を自動で仕訳
当方、先方のそれぞれの人数を記入することができるので、交際費か会議費か、といった特定もしやすく、承認者の確認作業も軽減されます。
自動仕訳

ここがメリット!
  • 申請時に自動で仕訳されるので処理が楽楽に
  • 会計ソフトとの連携で入力ゼロ
多くの会計ソフトと連携が可能です。面倒な仕訳・手入力がゼロになります。申請時に選ぶ項目を勘定科目や税区分に自動で紐づくように設定できます。
クレジットカード連携

ここがメリット!
  • クレジットカード明細の自動連携で経費精算が楽楽に
  • プライベート利用分の除外も可能
クレジットカードの利用明細を自動で取込み、そのまま申請・精算できる機能です。
入力時間の削減や精算漏れの予防ができ、経費精算業務にかかわる作業時間を削減することができます。
規定違反チェック

ここがメリット!
  • 申請時に自動チェックされるから承認が楽楽に
  • ルールは柔軟に設定可能
経費精算規程に反する申請を「楽楽精算」が自動でチェックし、警告を出したり、申請できないように設定することができます。
汎用ワークフロー

ここがメリット!
  • 申請業務のペーパーレス化
  • 用途に応じてレイアウト、項目を変更可能
社内稟議や捺印申請などの総務系の申請フローを「楽楽精算」上で行うことが出来ます。
電子帳簿保存法対応機能

ここがメリット!
  • 領収書をアップロードで申請、精算スピードアップ
  • アップロード時に自動でタイムスタンプ付与
領収書・請求書へのタイムスタンプ付与機能や、伝票の検索機能など、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件に対応する機能をそろえています。
その他機能

伝票データを管理できる経費管理機能や、マルチデバイスでの利用、入力画面のカスタマイズなど、豊富な機能をそろえています。