マネーフォワード経費

Home » 商品・ソリューション » 経費精算管理 » マネーフォワード経費
経費精算システム マネーフォワード クラウド経費
面倒な経費精算にかかる時間を1/10に

マネーフォワード クラウド経費とは

「申請者」「承認者」「経理」「経営」にとっての経費精算における無駄を徹底排除し、売上に変えていく『三方よしの経費精算システム』です。

経理部

経営に対する有効な情報提供

申請者

対外的な成果最大化

承認者

チームや組織の成果最大化

経営者

情報を元にした正しい経営判断

マネーフォワード クラウド経費の特長

特徴1
・様々な明細データを自動取得

・紙の領収書を自動でデータ化

・タイムスタンプを自動で付与

特徴2
・スマートフォンアプリで申請/承認業務が完結

経費精算のオートメーション

様々な明細・領収書が、自動でスマートフォンに集まってきます

明細・領収書の正確なデータを自動取得
  • 手入力がなくなるので、入力工数が減る
  • 入力ミスがなくなるので、差し戻しがなくなる
  • データ改ざん修正が検知できる内部統制

領収書のオートメーション

マネーフォワード クラウド経費は明細に加え、領収書も自動取得できます

自動で集まる

  • 登録したサービスから自動で明細を取得します
  • 必要な経費を「登録」するだけ
オートメーション

例えば、新幹線の明細を自動取得

  • 新幹線の明細を自動取得
  • 写真や明細内容の入力の手間がありません

様々な明細の取得が可能!

タクシー

航空券

ETC

新幹線

スマホ

・PCと同様に確認可能です

特徴

特長1:その他のオートメーション 振込のオートメーション

経費精算の振込依頼がワンクリックで完了、FBデータのアップロードが不要になります。

特長2:モバイル

ペーパーレス化への取り組み

マネーフォワード クラウド経費は、日本文書マネジメント協会の電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証(平成28年)を経費精算システム国内第1号で取得しました。

電子帳簿保存法対応の概要

スキャナ保存要件に対応

タイムスタンプや画像の検索要件を始めとする各種システム要件を満たしています。これによりスマートフォンで撮影した領収書の画像を原本として電子保存することが可能です。

電子取引の要件に対応

オンラインでチケットや物品などを購入した際に、PDF等で領収書を受領する場合があります。この取引を電子取引といい、電子取引で受け取った領収書を電子保存する要件に対応しています。

領収書、請求書に対応

スキャナ保存要件では、どの書類を電子保存するかを定める必要があります。マネーフォワード クラウド経費では領収書、請求書(立替で支払ったもの)の保存に対応しています。

経費精算以外の業務も効率化

経費精算だけでなく、汎用ワークフロー、請求書管理も効率化できます。

経費精算

  • 手入力の削減
  • スマートフォンを活用
  • 領収書の自動取得

汎用ワークフロー

  • カスタマイズ可能なフォームを作成可能
  • 複雑な承認ルートも対応可能

請求書管理(支払依頼)

  • 請求書の処理を効率化
  • 詳細な取引マスタ
  • 銀行振込APIに対応

従業員の申請負荷軽減の重要性

✔経費精算業務全体の中で、従業員の申請業務は最もコストがかかっており、手入力の手間軽減などによる申請作業の時間削減は重要な観点です

✔次いで時間単価の高い上長承認が大きな部分を閉め、アプリによる承認の早期化などの対応が有効です

-従業員が100名、経費申請をする従業員が50名の会社の試算

-経費精算にかかる時間をコスト換算

-当社サービス導入企業のヒアリングにより算出

機能のご紹介

マネーフォワード クラウド経費の機能(申請者・承認者様)

①領収書を撮るだけ

領収書やレシートをスマホで撮るだけ。OCRまたはオペレーター入力で手入力なしで、領収書をデータ化。

②明細は自動で取得

クレジットカードや電子マネーなどの明細から経費を登録。科目を自動で分類し、使えば使うほど賢く。

③ワンタッチ取り込み

SuicaなどのICカードのデータは、アプリをインストールしたスマホにワンタッチで取り込み可能。

④経路検索から交通費入力

電車代やバス代は経路を入力するだけで金額を自動計算。

⑤申請・承認がスマホ完結

経費の申請と承認がスマホで可能。

いつでもどこでも経費処理が行えます。

⑥家計簿サービスと連携

家計簿サービスのマネーフォワードMEと自動連動できます。

① 領収書を撮るだけ

写真を撮るだけで経費登録が簡単に完了

領収書をスマートフォンで撮影するだけで、OCR読取りで自動で書き起こし、またはオペレーターが打ち込みをします。

② 明細は自動で取得

日付や金額、科目まで自動で補完。あとは領収書を添付するだけ

・クレジットカード、電子マネーなど自動取得した明細から経費登録

・入力するほど賢くなる、経費科目の自動分類ルール

・よく利用する経費についてはテンプレート機能で入力を省略

③ ワンタッチ取り込み

面倒な電車代・バス代の経費登録が一瞬で完了

・Suica、Pasmoなど日本全国で使われている多くの交通系ICカードは「ICカードリーダー by マネーフォーワード」アプリにて明細を自動読取

・さらに、モバイルSuicaを使えば明細をすべて自動取り込み(iPhone 7 / Android)

④ 経路検索から交通費入力

出発~到着を登録するだけで、電車・バスの運賃や経路が自動算出

・「往復」「ICカード優先」や、「料金」「時間」「乗換回数」の優先もチェックをつけるだけで、自動計算されます。

・「定期区間」を事前に設定しておくことで、設定された区間の運賃が自動控除されます。

⑤申請・承認がスマホ完結

経費申請も承認もスマホで補完。時間も場所も選びません

・申請内容に不備があった場合、チャットで連絡することも可能。

・移動中などの隙間時間で利用でき、入力や承認作業が効率化。

・領収書を撮影するカメラ利用は、電子帳簿保存法の改正でさらに有用に。

⑥ 家計簿サービスと連携

MoneyForward MEと連動し、立替経費と個人支出を明確に分けて管理

・家計簿アプリ「MoneyForward」と連携が可能(同一メールアドレスでの登録が必要)
・MFクラウド経費上で経費登録を行うと、立替経費は自動的にプライベートな支出から控除可能

マネーフォワード クラウド経費とは(経理担当者様)

①領収書オンラインチェック

申告された経費データと添付された領収書をオンライン上でチェック可能。

②不備入力防止

会議費接待費の出席者や、領収証の添付、重複がないかなどをチェックします。

③総合振込対応

総合振込データのダウンロードや、直接銀行へ振込データを一括送信できます。

④会計システム連携

ご利用の会計システムに合わせて一括取り込み可能な仕訳データを作成。

⑤経費の可視化

従業員や部門、費目ごとに毎月の経費利用額を可視化。

⑥汎用ワークフロー

フォームを自由に作ることができ「出張申請」「有給申請」など汎用的なワークフローシステムとしても利用

① 領収書オンラインチェック

領収書チェックがオンラインで可能。時間も場所も選びません

・経費明細と領収書画像データがセットなので経費入力のチェックが簡単。
・紙の原本をバインダーから掘り返す必要なく、いつでも内容が確認可能。
・経費申請前に不備がある場合、申請ができないようなチェック機能を搭載。

② 不備入力防止

不備入力防止の設定で再提出の手間が軽減。必要書類の提出漏れも防止

・会議費接待費の出席者や、領収書の添付などを自動でチェック。
・明細の重複があった場合はアラートを表示
・領収書や出席者情報が入力されていない場合に、警告を出す(アラート)
・または、申請できないようにする(エラー)設定が可能。

③ 総合振込対応

総合振込データをそのまま一括送信。手間もミスも減らせます

・従業員への立替分の支払いは、MFクラウド経費から直接、銀行へアップロードする総合振込データの出力が可能。

④ 会計システム連携

経費の処理と会計の処理が同時に行え、仕訳入力時間も短縮

・お使いの会計システムに取込める仕訳データ出力が可能。
・部門別や製造原価、勘定科目や税区分の設定および外貨にも対応。
・経費登録単位、申請承認単位、当月経費合計単位など任意の設定で、マネーフォワード クラウド会計に仕訳が自動連動。

⑤ 経費の可視化

種々雑多な経費が可視化。無駄な経費の削減や不正利用防止に

・従業員、部門、費目などの軸で利用経費を可視化
・申請前の経費もリアルタイムに把握が可能

⑥ 汎用ワークフロー

汎用的なワークフローシステムとして利用可能

・「出張申請」「有給申請」など、さまざまなフォームを自由にカスタマイズできます。
・明細の添付も可能、事前申請を上げ、その明細を使って精算時の申請を上げることができます。

セキュリティについて

金融機関と同レベルのセキュリティで皆さまのデータをお守りします

大手金融機関による出資
複数の大手金融系企業から信頼を受け、出資いただいています。

プライバシーマーク取得
個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定する制度です。

暗号化して厳重に管理
お客様のメールアドレスや口座へのアクセス情報は暗号化して厳重に管理しています。

取引暗証番号は不要
必要な情報は、取引明細を確認するために必要なIDとパスワードのみ。クレジットカード番号も不要です。

料金プラン