multibook

Home » multibook

multibookって何ができるシステム?

特徴をチェック

海外拠点の基幹業務管理
ERP/会計クラウド
海外拠点の固定資産管理/IFRS16 号リース資産管理
ERP/会計クラウド
海外拠点の見える化経営管理の実現
マネジメントコックピット
海外経理業務のまるっとアウトソーシング/海外クラウド経理部

YouTubeで3分紹介動画も配信中!

まずは簡単にmultibookを理解するならこちらから

▼multibookでどんな課題が解決できるの?

海外拠点

不正が発生していないか不安
業務処理内容に不透明な部分が多い…

摘要翻訳機能でローカルスタッフの処理を日本語で把握
アラートで不正が疑われる取引を一覧表示で不正を発生させない風土づくり
海外拠点

外貨兼管理、経理管理、本社報告業務にローカルソフトが対応できていない…

多言語多通貨且つ各国の現地法要件対応により本社報告業務の効率化!ローカルソフト利用に伴う課題を解決
海外拠点

システム外での情報管理や二重入力がある。それにより帳簿間の不整合が発生

基幹業務の一元管理により会計仕訳が自動計上なので二重入力は不要!帳簿残高は常に一致!
日本本社

連結決算に手間
実績集計作業で手いっぱいで分析に注力できない

記帳完了と同時に自動で拠点経営状況レポートが出力可能!連結決算プロセスの効率化も行われ、決算の早期化を実現!

クラウド型会計・ERPサービスのmultibookは、日本本社・海外拠点双方が抱える課題の解決を強力にサポートします!

multibookのおすすめ機能紹介

グループ管理
マネジメントコックピット
グループ財務諸表
会計
仕訳/財務諸表
管理会計
予算/分析
債権管理
債務管理
資金管理
固定資産管理
仕訳/財務諸表
減価償却費計画
ロジスティクス
購買発注
入庫
仕入先請求
在庫管理
受注
出庫
請求
収益性分析
経費精算
従業員立替経費精算
IFRS16号リース資産管理
リース資産管理
各国国要件
各国の法・商習慣
多言語・多通貨対応
12か国語対応 多通貨管理
システム管理
マスタ管理(共通)
データ管理
連結会計連携
インポート連携
エクスポート連携
API連携

ニーズに合わせて1つのモジュールからお選びいただけます!

マネジメントコックピットの主要機能

    • 国内・海外グローバル全拠点の損益計算書12ヶ月推移、月次締め状況をリアルタイム表示。売上・利益の推移をグラフでビジュアル化。
    • 実績のリアルタイム把握だけでなく、前年対比、予算対比、取引先別ブレイクダウン、収益性・効率性指標で分析をナビゲート
    • グローバル全拠点の資金残高をリアルタイム表示資金残高の推移をグラフでビジュアル化。
    • 関係会社間債権債務残高の整合状況をリアルタイムに把握。関係会社間債権債務残高の整合を月中に確保し、連結決算早期化を実現。

会計の主要機能

    • 貸借表示で入力しやすい、会計伝票入力機能
    • 証憑添付機能で、リモートでも承認が可能
      (承認ステップを経て会計伝票を転記)
    • グループ財務諸表機能で複数拠点の横並び比較が可能
      (費目毎にコメント入力や資料添付も可能)
    • 入金遅延債権の管理も簡単
      (Invoice単位で詳細に把握可能)

ロジスティクスの主要機能

    • 在庫数量残高照会機能で、在庫数量、金額をリアルタイム表示
      (現在、過去月末時点を選択可能)
    • 請求書出力機能
      (貴社フォームでの出力も可能です。お気軽にご相談下さい。)
    • 収益性分析機能で品目別、取引先別、取引先品目別での売上、売上原価、粗利をリアルタイム表示
    • 出庫伝票と請求伝票を、受注伝票参照で、同時に簡単に転記可能

その他機能の詳細は、お気軽にお問合せください

multibookの特徴をチェック!

特徴1

多言語・多通貨、複数帳簿に対応で本社・現地もストレスフリーに運用

特徴2

複数拠点の情報を一元管理
全モジュールが会計に自動連携・自動仕訳

特徴3

本社目線での内部統制強化、経営管理を実現

連結決算業務の効率化も可能

特徴4

現地拠点も安心の各国ローカル要件に対応
海外拠点の記帳ソフトとして利用可能

特徴5

連結決算システムや生産管理システムをはじめとした他システムとの連携機能