インボイス制度に対応した請求書送信システムはお決まりですか?

Home » 令和5年/2023年実施IT導入補助金2023について » インボイス制度に対応した請求書送信システムはお決まりですか?

今年10月に施行されるインボイス制度。対応準備は進めていますか?

インボイスに対応した請求書送信システムは、下記5つに分類することができ、導入するシステムも異なります。

 販売管理
システム
請求書電子送付
専用システム
請求書発行・受取
プラットフォーム
自動入金消込
システム
債権譲渡型
システム
メリット・データ連携の必要がない・複数の販売管理システムから連携可能・お客様の利便性に貢献
・自社の受取請求書と統合管理が可能
・入金消込まで対応が可能・貸し倒れリスクがない
・入金消込が不要
新規導入のしやすさ
  
  
  
  
  
導入期間1ヶ月1ヶ月1ヶ月2ヶ月1ヶ月
紙による
請求書郵送機能
  
  
  
  
  
開封確認機能
  
  
  
  
  
支払のリマインド機能
  
  
  
  
  
自動入金消込機能
  
  
  
  
  
システム参考例・PCA商魂
・楽楽販売
・楽楽明細
・マネーフォワード請求書
・BtoBプラットフォーム請求書
・BillOne
・V-ONEクラウド・GMO後払い決済サービス
・NP掛け払い
 販売管理
システム
請求書電子送付
専用システム
請求書発行・受取
プラットフォーム
自動入金消込
システム
債権譲渡型
システム
メリット・データ連携の必要がない・複数の販売管理システムから連携可能・お客様の利便性に貢献
・自社の受取請求書と統合管理が可能
・入金消込まで対応が可能・貸し倒れリスクがない
・入金消込が不要
新規導入のしやすさ
導入期間1ヶ月1ヶ月1ヶ月2ヶ月1ヶ月
紙による
請求書郵送機能
開封確認機能
支払のリマインド機能
自動入金消込機能
システム参考例・PCA商魂
・楽楽販売
・楽楽明細
・マネーフォワード請求書
・BtoBプラットフォーム請求書
・BillOne
・V-ONEクラウド・GMO後払い決済サービス
・NP掛け払い

IT Worldはお客様の業務や運用方法などをお聞きし

最適なシステムをご提案させていただきます

業務の見直し提案
システムを導入する際に既存業務(購買稟議、発注、請求書保管、支払管理、仕訳など)を見直したい企業様
操作指導
時間的・金銭的なコスト削減や、導入したシステムのスペックを最大限に活かした運用をしたい企業様
設定代行
就業規則などに沿った細かな設定操作をアウトソースし、設定の不備によるエラー防止やスムーズにシステムを稼働させたい企業様

上記のようなシステムをお得に導入しませんか?

システム導入するなら今がチャンス!

IT導入補助金2024

電子帳簿保存法・インボイス制度に活用できる

補助率最大3/4、補助額最大350万円

クラウド利用料最大2年分の補助

導入支援や操作指導も補助の対象

※通常枠での場合

★システムの説明や、システム比較が可能!

★他メーカー製品との組み合わせや、導入支援なども併せて申請が可能!

内訳:初期費用100,000円+月額25,000円×1年分

内訳:環境構築費用200,000円+ベーシックプラン月額45,000円×1年分

★上記2つのシステム導入において

・申請類型によって補助額は変わります
・受け取る請求書の枚数で料金が異なります
・オプションを追加する場合別途料金加わります