製品展開

1製品に対しての構成部品を登録し所要量計画(MRP)が可能になり、発注検討表等も出力出来るようになります。

また、受注段階や売上段階で構成品を変更する事も出来ます。

発注管理

受注(契約)No.を引き当てて発注する内容を入力します。
発注書の発行だけでなく、FAX自動送信やメーカーに対してオンライン発注も可能。

仕入管理

受注した内容と紐付けることで、仕入れたのにまだ売り上げていない商品リスト(仕入済未売上リスト)の発行が可能です。

ロットNo. と使用期限を入力することでトレーサビリティが可能になります。

在庫管理

在庫状況を瞬時にロットNo.別に把握することが可能になります。
倉庫別も可能。
出荷予定ロットNo.をピッキングリストに記入する事が可能です。