在庫管理

在庫状況を倉庫別・ロットNo.別に把握することが可能になります。
また、現在庫や月次での在庫数を確認する際に、メーカーからの貸出商品を区別して表示します。
(自社在庫と他社在庫の管理が可能)

適正在庫管理

倉庫別商品別に適正在庫数と発注点(最小在庫数)を設定し、在庫数が発注点を下回ったら補充しなければならない分の発注データを自動作成できます。
(発注プログラムは自由に設定可能)

発注書を紙に出力せず、PCからそのままFAX送信することも可能です。

発注管理

発注時に過去の仕入単価や得意先ごとの仕入特値を確認する事が出来ます。

手配品については受注時に入力した内容を元に一括で発注処理が可能です。

発注・仕入管理

入荷時にロットNo.と使用期限を入力することで、ロット別の在庫数を管理できます。

ハンディターミナルを使用した入荷検品も可能です。

入荷管理

商品だけ先に届き、仕入伝票が遅れている場合などに入荷管理(仮仕入)を行えます。

入荷後にまだ仕入計上が済んでいない明細をリストとして出力する事が出来ます。