食品業界向け生産管理機能

食品業界向け生産管理機能
生産計画入力・所要量計算・経費内訳入力・作業実績報告書・計画問合せ

生産計画入力・所要量計算・経費内訳入力・作業実績報告書・計画問合せ(日別生産計画問合せ/工程進捗問合せ)など、食品業界向けシステムの生産管理機能です。

食品向け生産管理の主な機能

生産計画入力

「見込み生産」「受注生産」の2パターンに対応が可能です。受注データの生産依頼数を元に受注No.と紐付けた管理が可能です。
生産計画は工程ごとに計画を立て、出来高入力で工程ごとに完了させることで工程進捗が管理できる仕組みとなっています。

機械別生産計画入力

機械別の生産計画をガントチャート形式で表示できます。計画の変更などを、負荷状況を見ながらカレンダーグリッドのマウス操作で入れ替えたりずらしたりすることができるため、計画の調整を直感的に行うことが可能です。

所要量一覧

生産計画別と商品(原料)別での所要量計算が可能です。在庫数を割ってしまう原料や中間品などを一覧にし、発注や仕込みを促すための確認帳票として活用することができます。

製造指示書

工程別に製造指示書の出力が可能です。
製造指示No.がバーコード印字されるため、完了した計画をスキャナーで読み取って処理をスムーズに行うことができます。使用するロットNo.も出力されます。

所要量一覧経費内訳入力

生産計画別と商品(原料)別での所要量計算が可能です。在庫数を割ってしまう原料や中間品などを一覧にし、発注や仕込みを促すための確認帳票として活用することができます。

作業実績報告書

出来高入力した工程ごとの原価一覧を出すことができます。使用した原料の数量やロットNo.の一覧はもちろん、原料などの直接費と人件費などの間接費を一覧にし、製造原価合計を出力することが可能です。

日別生産計画問合せ

工程進捗をガントチャート形式で表示可能です。計画に対する進捗率を表示することで視覚的に進捗状況を把握できるようになります。

原価シミュレーション機能

構成原料や経費項目を自由に組み替えることで製品の原価をシミュレーションすることが可能です。登録した製品原価は一覧を“原価シミュレーションリスト”として帳票出力ができます。

※オプション機能となります。