経費精算システム_202310

Home » 経費精算システム_202310

ここを見れば一目瞭然!

経費精算システムまるわかり!

ここを見れば一目瞭然!

経費精算システムまるわかり!


操作が難しいんじゃないの?


結局どの経費精算システムがいいの?


経費精算システムって何ができるの?

経費精算においてこのようなお悩みはありませんか?

入力時のミスが多く

訂正、指摘に工数がかかる

申請書類の抜けや漏れで

差し戻しが多く、確認事項が多い

仕訳の業務フローが多く

担当者の締め作業時の負担が大きい

経費精算システムの導入メリット

経費精算システムの導入メリット

情報の透明性がアップ
クラウドシステムなどではリアルタイムな情報を確認することが可能になりタグクラウドシステムなどではリアルタイムな情報を確認することが可能になりタグ付けなどで検索が行えるため情報の透明化と連携がスムーズになります。
安全性がアップ
権限機能があるものが殆どです。
閲覧・操作制限により情報を守ることができます。
承認機能により仕訳の登録さえも承認したものだけに制限することなども可能です。
圧倒的な業務の効率化
自動仕分や自動入力、振込データの自動作成などによる作業コストの削減はもちろん、業務の属人化を防ぐことが可能です。
さらに外部システムとの連携により連携作業をなくすことが可能になります。

さらに経費精算は インボイス制度・電子帳簿保存法に大きく関連します!

さらに経費精算は インボイス制度・電子帳簿保存法に大きく関連します!

インボイスとは? 制度要点カンタンまとめ

インボイスとは、売り手が買い手に対して、適用税率や消費税額等を正確に伝えるものです。

言い換えれば売り手が買い手に「適用税率や消費税額等を正確に伝え伝えられない」と「仕入税額控除が行えない」ことになります。

インボイスとは? 制度要点カンタンまとめ

インボイスとは、売り手が買い手に対して、適用税率や消費税額等を正確に伝えるものです。

言い換えれば売り手が買い手に「適用税率や消費税額等を正確に伝え伝えられない」と「仕入税額控除が行えない」ことになります。

経費精算システムの選定で重視するポイント


従業員の利便性…★従業員の作業を少しでも減らしたい企業様

モバイルsuicaなどの交通系カードやExpress予約などとの連携

連携により、従業員は鉄道や新幹線の利用明細を入力せず、WEBサービスから利用実績を直接取り込むことが可能
→従業員が経費精算にて入力する工数が削減

一般的に従業員数が多ければ多いほど会社全体の生産性向上幅は大きくなります。
WEBサービスから電子領収書を自動取得することも可能であり、従業員は領主書を手動でダウンロードし、経費精算にアップロードする手間を削減、同様に生産性向上が実現できます。

AI-OCR機能の代行入力

従業員の経費精算の大半は領収書をスマホで撮影し、その領収書の日付・取引先・金額・適格請求書発行事業者番号などを
手入力する流れとなります。この領収書を一般的にはOCRによって日付・金額…を自動で認識することが可能ですが、認識率は80%~90%と言われています。従って、従業員はOCRによって自動入力されたデータを必ず確認する必要があります。ここでオペレーター入力機能があると、人間が目視で確認し、データを入力するため、ほぼ100%のデータを自動入力することが可能になり、従業員の確認や入力の生産が向上します。

一般的に従業員数が多ければ多いほど会社全体の生産性向上幅は大きくなります。

承認者の利便性…★正確性を最優先したい企業様

事前承認がされているかどうかを一目で確認できる

事前に稟議で承認がされている経費申請かどうか、ステータスを一目で確認できると、確認の際に工数の削減につながります。
また、事前の稟議もその画面で再確認ができることで不正の防止につながります。

交通費のルートが妥当かの確認、また日報や顧客管理システム等のURL添付が可能かどうか

申請されたルートが何を優先したルートなのか…早さ・安さ/乗り換えの少なさ、などが一目で確認できると適したルートを使用しているかどうかの確認が簡単に行えます。

また、本当に訪問・利用されたルートかどうかを確認する際に日報システムや、顧客管理システムなどのURLを添付し、確認できることで不正の防止を工数をかけずに行う事ができます。

経理担当者の利便性…★経費関連の仕訳の集約単位が多い・複雑な企業様

経理タスクの可視化機能があるか

仮払金の支払いタスク・計上仕訳のタスク・社員/支払先への振り込みタスク・支払い仕訳タスク・振替仕訳タスクなど現状残っているタスクを一目で確認できる機能があれば、漏れがなく業務を行う事が可能です。

仕訳エクスポートの柔軟性があるか

仕訳明細の集約機能・仕訳出力時の計算式機能など、自社に必要な仕訳形式が出力可能かどうかを確認しましょう。
部門別・科目の体系が複雑なほど手入力が多いので、取り込みたい形式で取り込めることは業務の効率化という観点で大きく影響します。

経費の分析が可能か

部署ごと、期間ごとや、項目ごとなどで経費の分析が可能なものもあります。
どの部署にどのような経費がかかっているのか、増減の有無等を一目でわかりやすく確認できることは業務の効率化はもちろん削減したい項目などがわかりやすく、経費削減にも役立ちます。

上記のポイントの内訳3つの中で、どのポイントを優先して選定をするのかで運用方法や結果は大きく変わってまいります。
経理のご担当者様の利便性、使い勝手を重視することも重要ですが、たとえば従業員数が多ければ多いほど、
従業員の利便性を重視した方が、全体的な生産性は上がることが多いと言えます。

どのポイントを優先するのかのご選定も、もちろんIT Worldにご相談いただけます。
企業様の規模感、コスト、会社全体への浸透への工数等も併せて、優先度の決定に必要な専門知識を用いて決定してまいります。

IT Worldなら幅広い製品から比較し、選定が可能です!


取り扱い製品一例

経費管理システム jinjer

電子帳簿保存法対応

jinjerは、国内初の人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームです。
ブラックボックス化されてきた人事データを「数値化」「可視化」することで、人事戦略の最適化が可能です。Jinjer経費精算は勤怠管理や人事管理と同じプラットフォームで経費精算を行う事ができ日々従業員が使用するシステム全体とした生産性の向上を実現可能です。

交通費・経費精算システム「楽楽精算」

電子帳簿保存法対応

国内導入数No.1のクラウド型経費精算システムです。
自動仕訳・会計ソフト連携や振込データ作成機能で、経理業務を劇的に効率化します。交通費・旅費、出張、交際費など、あらゆる経費精算を一元管理し、精算業務を簡単にするシステムです。
標準機能前提のご提案となります。

経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」

電子帳簿保存法対応

「マネーフォワード クラウド経費」は経費精算にかかる時間を1/10にできるクラウド型経費精算システムです。カード明細や交通系ICカードの自動読取、レシート入力の自動化などで徹底的に手入力をなくします。スマホに対応、経費の登録、申請、承認をアプリで効率的に運用可能です。

クラウド型経費精算システム「HRMOS経費 ハーモス」

電子帳簿保存法対応

社内で発生する旅費交通費精算や立替経費精算、請求書処理を効率化するクラウド経費精算システムです。

経費精算の申請・承認・管理などの経理業務をクラウド化 「ジョブカン経費精算」

電子帳簿保存法対応

経費精算の申請・承認・管理などの経理業務をクラウド化し、ミスを約1/10に削減。振込業務は経費精算データをネットバンクに取り込むだけ!
申請状況確認もスマホから!承認経路は柔軟に設定可能

IT Worldなら幅広い製品から比較し、選定が可能です!


おすすめ経費精算システム比較表

製品名 領収書スキャン時の代
行入力
事前承認確認 タスク可視化 コスト
製品R
※OP
経費申請詳細で 紐づいた稟議を確認可能
初期費用あり
50名ごとの契約
30,000円/月
製品M 初期費用無し
1名~の契約
月500円/1名
製品H 初期費用無し
月額29,000円~
(利用者数により
製品JK 初期費用なし
1名~の契約
月400円/1名
製品J 初期費用あり
1名~の契約
月500円/1名
製品B
※OP
初期費用なし
月額費用
2万円~

IT Worldに経費精算システムのご導入はおまかせください


IT Worldでのご導入なら、導入だけでなく従業員様への説明会の開催や、企業様の運用に合わせたマニュアルの作成まで、手厚いサポートを行えますので、ご担当者様の負担を軽減!
せっかく導入したのに従業員の年齢層が高くて使いこなせない…
ITリテラシーが高くない従業員が多く、浸透しなくて結局手作業が発生する…
などの不安はIT Worldで解消!
さらに、導入時の説明会や操作指導などはIT導入補助金の対象となるため、お得に安心して導入が可能です!
IT Worldが目指すのは【システムをご導入いただくことで皆さまの業務が改善されること】です。

一見当たり前のように感じますが、これはシステムを導入するだけではかないません。
システムを導入する際に、そもそもの規則や運用の見直しを行うこと、設定や操作の指導をしっかりと企業様ごとに異なる内容に沿って行うことでようやくかなうものです。

IT Worldは社会保険労務士さまとの協業や、コンサルティング専任チームを持つことで業務改善をかなえるご支援をさせていただきます。

経費精算システムだけでなく

会計分野に広げた際にも同じようにご相談いただけます

さらに会計分野だけでなく、勤怠・労務・販売管理など…

総合的なシステムの選定~導入・設定代行・運用までサポートが可能です

その他システム

その他サービス

IT Worldでのシステム導入事例一覧

明るい世の中のためにも建設業から盛り上げていきたい
能田電気工業株式会社(東京都)
電気改修工事の専門業者 / 従業員数:17名

経費精算関連情報

おすすめコラム
おすすめセミナー
ダウンロードコンテンツ